職場でのトラブルを解決する手段

昔も今も、職場における労働者と使用者のトラブルは大変多く発生していますが、一昔前と比較すると、その質が変わってきております。
かつては残業代未払いのような労働基準法違反の絡みや、解雇や雇い止めといった労働契約の解消絡みのトラブルが多かったのですが、ここ最近はハラスメントのトラブルが大変多くなってきております。
ハラスメントというとセクシャルハラスメントやパワーハラスメントが代表的なものとして挙げられますが、ここ最近は妊娠、出産をした労働者に対して不利益な取り扱いをする、いわゆるマタニティハラスメントの案件も目立つようになってきました。
これらの問題を解決する為の手段は裁判ということになるのですが、弁護士に依頼しなければ勝訴は難しいですし、そうなると弁護士費用もかかることになります。
費用をかけたくないというのであれば、都道府県の労働局が執り行っているあっせん制度が有効です。
あっせんは第三者を挟んだ形で行う話し合いの手続きで、費用をかけずに迅速な解決を図ることが可能ですが、相手方の参加が任意である為、開催できない場合もあります。

美容整形なら雅美容外科へ
リピート率90%以上!安心して治療が受けられます

殺菌水
食品を安全に食べて頂くために開発しました

防カビ効果に自信アリ

Copyright© 弁護士 費用 All Rights Reserved.